困っているのなら国に金銭的支援をしてもらおう

サイトメニュー

メリットがある支援制度

医者 精神状態が悪くなってしまううつ病になった時は、障害年金を利用すれば生活費を得られるので安心です。制度を使うための手続きは書類の書き方が重要になるため、どのようにすれば良いか十分に考えておかなければいけません。

詳しく見る

心の治療を行う優遇制度

診察 うつの治療の中には、仕事が行えず、仕事を辞め治療に専念しなければならない場合もあります。国民年金には、障害年金の受給を前提に、免除や猶予の制度を利用する事が可能です。厚生年金には、特別に3級の制度も存在します。

詳しく見る

会社を休む前に

女性 精神的な病気が流行していますが、うつ病患者は増え続けていることが特徴です。ただ、会社を休むレベルになると年金をもらうことが可能です。年金は、等級によって支払われる額が異なります。仕組みとしては、診断書を書いてもらうことが必要になります。

詳しく見る

受給するために必要なこと

ハート

病気で働けないのなら国からお金をもらおう

一般的な年金は若い頃から少しずつ積み立てて、年をとってからもらえるお金になっています。しかし、障害というワードがつく年金は、積み立てることでもらえるシステムではありません。障害年金は、25歳でも42歳でも受給資格を満たしていれば、受給できるシステムになっているので、対象者は申請を考えましょう。もちろん、うつ病で苦しんでいる方も、対象となっているので、困っているのなら申請方法を調べることをおすすめします。なお、うつ病で受給したい場合は、申請の時点で精神科や心療内科で診断を受けてから、18ヶ月以上経っていなければいけません。もしも、まだ18ヶ月になっていないのなら、その日がくるのを待ちながら申請の準備をしましょう。いつ診断を受けたか分からないのなら、通っている精神科や心療内科を訪れて聞けばハッキリとさせられます。ちなみに、うつ病であることや診断日を証明するためには、ドクターに診断書を書いてもらわなければいけません。診察を受けているドクターに伝えれば書いてくれるため(有料)、申請をする前に用意しておきましょう。もしも、絶対に障害年金を受給したいと考えるなら、対策を行った上での申請をおすすめします。受給しやすくなる方法が存在しているので、困っているのなら、公開しないために調べてみましょう。具体的な方法としては、障害年金の申請をサポートしてくれるサービスに頼むのが一番なので、成功率が高いところを探したほうがよいです。成功したときのみ料金が発生するサービスもあるので、現在お金がなかったとしても、サポートの依頼は問題なくできます。

うつ病で困っている方が、国に金銭的な支援してもらいたいと考えるときは、まずは自身が加入している年金のタイプを知ることから始めましょう。会社員などが加入する厚生タイプと自営業などが加入する国民タイプがあるので、どちらかハッキリさせなければいけません。そして、さらに自身の障害の状態が、どの等級に値するのか知る必要があります。それは、厚生タイプの場合は1級から3級まで受給できるのですが、国民タイプの場合は1級から2級までしか受給はできないからです。つまり、年金のタイプと障害の等級を知らなければ、申請することはできないため、最初の段階できちんと把握しておきましょう。なお、障害年金は借りるものではなく支給されるものなので、治療をおかげでうつ病がしっかり治ったとしても、国に返済する必要がありません。うつ病の方は借金をすることで不安が増す可能性があるので、返さなくてもよいお金が手に入るのは大きなメリットだといえます。働かずにゆっくりと休むことが、うつ病を治す上で重要なケースが多いので、対象者なら今すぐにでも申請をして、お金の心配をせずに暮らせる期間を作りましょう。なお、いくらもらえるのかは、加入している年金のタイプと等級によって異なりますが、ハッキリとした計算式があるので計算はできます。しかし、複雑だと感じる方もいるような計算方法なので、分からないのなら、申請をサポートしてくれる専門家に質問しましょう。現在の状態を伝えれば、いくらくらい障害年金を受給できるのか詳しく教えてくれます。