困っているのなら国に金銭的支援をしてもらおう

サイトメニュー

心の治療を行う優遇制度

診察

治療の専念のために、公的支払いの補助

うつを患う中では、時と場合によって、治療に専念するために仕事に就けない場合もあるでしょう。貯金があったとしても、それを崩して年金などを支払い続けるのは、大きな負担となるはずです。そのストレスは、治療の回復を阻害してしまう可能性を高めてしまい、国家としても、社会保障の財政に悪い影響を与えてしまいかねません。治療の負担を軽減する目的として、保険料の免除や猶予制度の利用が可能です。大前提として、仕事を失っている人への制度であり、うつ病を患いながら、会社で働いている方には適用できません。仕事失業している人は、国民年金に切り替えているはずでもあり、国民年金に切り替えておく必要性もあります。保険金を払えない状況を示すためにも、うつ病を原因とする障害年金を受給しておく必要性もあります。注意しなければならないのは、実際に、老後に支払を受ける時、満額を納めていないと判断されてしまいます。体を健康状態に取り戻してから、支払いなかった金額を、後から納めることも可能であり、その知識は予め、頭に置いといておいた方がよいでしょう。うつは、無理に頑張ろうとする気持ちが、心身に大きな負担として、自分の意思に反し悪循環を生み出してしまう場合もあります。保険の事を心配すればするほど、治療の回復を遅めてしまう場合もあるでしょう。治療のスタートを整えるつもりで、様々な支援を利用して行くのが望ましく、医者などの専門家は、サポート体制を熟知しているため、心の重荷を全て伝えるつもりで治療に当たっていくのも大切です。

保険料の免除や、猶予を受けるためには、国民年金に切り替えた中で、障害年金の、1級もしくは2級の認定を受けておく必要性があります。1級は、人の手助け無しでは、生活ができないほどの、うつ状態を患っている状態です。例えば、1人で外に出ようとすると、不安が強く押しよせ、前に歩けない様な深刻な状態です。2級は、最低限、生理的な反応としての処理と、買い物など、1人で、最低限の生活は行えるほどの状態です。このうつ病の例えは、仕事など人から任されるプレッシャーを感じると、恐怖や不安などを強く感じ、何も行動が取れなくなってしまう様な深刻さです。障害年金の認定を受けとるためには、自分の心の状態を自分で診断書に診断し、その書類と、実際に医者が、その書類と照り合わせて、状態を確認した医者からの書類が必要です。この内容は、失業した人への補助としての制度です。仕事を行っている人には、厚生年金保険料を支払し続けている中で、1級と2級を含めた中で、3級の制度も設けられています。3級のサポートを利用する場合は、仕事に就ける状態であるが、労働が著しく、制限を受ける場合において、利用が可能です。仕事についている場合において、仕事辞めるのに悩みを抱えている場合は、3級の制度についても考えてみると良いでしょう。サポートの制度を受けるためには、まずは医者の診断が必要であり、心療内科や精神科に足を運ぶのも大切です。サポート体制の知識を知っていれば、先生方も対応がしやすく、治療も集中的に行いやすくなるでしょう。