困っているのなら国に金銭的支援をしてもらおう

サイトメニュー

会社を休む前に

女性

注目の理由やその仕組みを理解する

うつ病になった場合には、会社に行けなくなることもしばしばあります。軽度の場合はそれほど問題ありませんが、重度のうつ病の場合には人と会うだけで心理的な抵抗が強くなる可能性が高いです。しかも、自分が通っている職場の雰囲気が悪かったりやりたくない仕事がある場合には、強い拒否反応を示す可能性が高いです。胃が痛くなることや頭が痛くなるだけでなく、発熱することや手足が震えるようなこともあります。その状態で通っていても、まともに仕事はできませんし状態が良くなるわけでもありません。このようなときには、会社を休むことも重要です。会社を休む場合には、お金が入らなくなりますので年金を利用することが重要になります。いわゆる、障害年金と呼ばれるものがこれに該当するでしょう。これが注目されている理由は、会社にいかなくても生活費用給付される点です。本来障害年金とは、入院などをしてなかなか社会復帰ができない人や、大けがなどをして仕事ができなくなった人に対して支給されるものになります。従来はその例が一般的でしたが、近年は特にうつ病患者が増えてきていますので、うつ病患者にも適用する傾向が出てきました。この情報をしている人は積極的に利用すると良いでしょう。どれぐらいの金額をもらうことができるかが問題になりますが、等級によって変わってくるところです。等級は1級から3級まであり、それぞれ認定条件が異なります。障害基礎年金の場合には、3級に該当するならばお金をもらうことはできませんが、障害厚生年金の場合には3級に該当してもらうことが可能です。

うつ病になってしまった場合、年金を受給する方法があります。この方法の仕組みを見ていくと、まず国に申請しなければいけません。ただこの時、何か証拠がなくてはいけませんので診断書を提出してもらう必要があります。うつ病の場合には、大けがをした場合などと比較すると外からは判断しにくいものがあります。それゆえ、医者が記入してくれる診断書はとても重要になるでしょう。医者が診断書を記入してくれて、その診断書を提出する仕組みになります。この仕組みを利用すれば、受給できる可能性は高くなりますが、その前に一つ注意をしておかなければならないことがあります。それは、診断書を手に入れることです。病院に行けば診断書を書いてもらうことができますが、医者によってはそれに対して否定的な意見を持っている人もいます。そうすると、診断書をもらう段階が一つの大きな壁になる可能性も少なくありません。そこで、あらかじめ診断書をしっかり書いてくれる病院を選ぶことが重要になります。診断書を書いてもらうにあたり、どの等級に該当するかが明確になっている必要があります。例えば、1級に該当する場合には毎月8万円から12万円の年金をもらうことができる仕組みになります。ところが、2級なると6万5千円から10万円の間の受給になり、もらえるお金はいくらか下がってしまう可能性があるわけです。そうだとすれば、医者に対して自分の状態が悪いことを明確に伝える必要があります。この点で遠慮してしまうと、もらえる金額が少なくなるため明確に伝えるようにしましょう。仕組みの面では、その点を押さえておけば十分と言えます。